メインメニュー

Systems Pharmacology

メンバー

代表世話人 長坂泰久
委員 上野貴代
大石昌代
川合良成
澤村良子
千葉康司
畠山浩人
濱田輝基
峯松 剛

概要

  動態分野における研究成果を、薬物治療効果に関わる個々の因子を総合的に科学するSystems approach(Quantitative Systems Pharmacology(QSP)、Mechanistic PK-PD解析等)へ適用し、これまでに得られた、あるいは今後見出される知見・データを体系的に集積・解析することにより、合理的な創薬・開発と治療の革新へ貢献する。