メインメニュー

過去のショートコース(SC)

第10回(平成28年)

開催日 2016年5月12日(木)
会場 千里ライフサイエンスセンター(大阪府豊中市新千里東町1-4-2)
実行委員長 千葉雅人(大鵬薬品工業(株)つくば研究センター) 
主題 臨床薬物動態予測を支える最新技術

ホームページ   ポスター

第9回(平成27年)

日時 2015年5月14日(木)
場所 学術総合センター 一橋講堂
実行委員長 矢吹昌司
主題 薬物動態研究の新展開 ~新しい質量分析技術の医療や創薬への実践的貢献~

第8回(平成26年)

日時 2014年5月8日(木)9:55-14:30
場所 学術総合センター 一橋講堂
実行委員長 樫山英二(大塚製薬株式会社)
主題 バイオ医薬品開発を促進する技術基盤

第7回(平成25年)

日時 2013年5月9日(木)9:30〜13:55
場所 学術総合センター 中会議場
実行委員長 布施英一(協和発酵キリン株式会社)
主題 ~ヒトPK予測のピットフォール~
 医薬品開発におけるNon-CYP系薬物代謝酵素の重要性

第6回(平成24年)

日時 2012年4月22日(日)
場所 慶応義塾大学薬学部
実行委員長 久米俊行 (田辺三菱製薬株式会社)
主題 ~非臨床から臨床へ~ 医薬品開発におけるヒトPK予測のストラテジー

第5回(平成23年)

日時 2011年5月12日(木)
場所 東京大学・医学部教育研究棟内(14F)・鉄門講堂
実行委員長 森脇俊哉(武田薬品工業)
主題 細胞を用いた誘導および代謝に関する企業研究の最前線

第4回(平成22年)

日時 2010年4月22日(木)
場所 慶応大学薬学部(港区芝公園1-5-30)
実行委員長 寺村俊夫(アステラス製薬株式会社 創薬推進研究所長)
主題 バイオマーカーおよびPK-PDを活用した創薬ADME研究者の取り組み ~臨床POCの成功確度向上を目指して…~

第3回(平成21年)

日時 2009年4月23日(木)
場所 慶応大学薬学部(港区芝公園1-5-30)
実行委員長 永山績夫 (大鵬薬品工業株式会社 薬物動態研究所長)
主題 新薬開発におけるトランスポーター(膜透過)研究の応用

第2回(平成20年)

日時 平成20年4月16日(水)13:00-18:00
場所 共立薬科大学・講堂(品川区旗の台1-5-8)
実行委員長 馬場隆彦(塩野義製薬)
主題 反応性代謝物の検出とヒトへの予測 ―ADMEとTOXの新たなボトルネック―

第1回(平成19年)

日時 2007年4月11日(水)
場所 昭和大学・薬学部講義室(品川区旗の台1-5-8)
実行委員長 岩崎 一秀(ファイザー㈱中央研究所)
主題 代謝物の分離・同定・予測